【shadowverse】RAGE shadowverse 十禍絶傑

1.戦績

4-2Day1 落ち

2.使用デッキとデッキ毎の戦績

f:id:kujiwarain:20181017105648p:image

ドラゴン6-0

ヴ先○ ヴ後○

ロ先○ ヴ後○

ヴ後○ ロ後○

f:id:kujiwarain:20181017110405p:image

ヴァンプ5-6

ヴ先○ ヴ後○

ヴ後×  ロ先×

ロ後× ド先○

ヴ後× ロ先○

ロ先× ド後×

 

3.構築経緯

ヴァンプは拾い物。ドラは別記事で。

 

【S7使用構築】無個性カバマンダガルド【最高2009】

当記事を開いていただきありがとうございます。くじわらです。

最終的には溶かしてしまったものの初めて2000に乗せることができたので記念に記録を残しておくことにします。

f:id:kujiwarain:20180120221628p:plain

 

1.構築経緯

 SMから使ってきたf:id:kujiwarain:20160221224050p:plainf:id:kujiwarain:20180120214711p:plainf:id:kujiwarain:20180117185302p:plainを軸とし、f:id:kujiwarain:20160221224050p:plainの苦手な鋼絡みのサイクルを崩していけるf:id:kujiwarain:20180120190413p:plain、範囲の広い特殊アタッカーが苦手だと感じたので数値受けできるf:id:kujiwarain:20180120190634p:plain、最後にサイクルの苦手な積みに対抗できるf:id:kujiwarain:20180117190129p:plainを入れ構築の完成とした。

同じ並びで既存の構築【シーズン6使用構築】数値サイクル【最高最終2104】 - ごろごろポケモン。(無断リンクより問題あれば削除します)があったので参考にさせていただいた。

 

2.個別解説

ボーマンダ

f:id:kujiwarain:20180117174622p:plain

持ち物:ボーマンダナイトf:id:kujiwarain:20180117183138p:plain

特性:いかく→スカイスキン

性格:いじっぱり

数値:f:id:kujiwarain:20180120190249p:plain:189(148)-180(68+)-101(4)-*-128(220)-129(68)

  →f:id:kujiwarain:20180120190318p:plain:189-191-151-*-138-149

技:やつあたり じしん りゅうのまい はねやすめ

 

配分意図

H:4n+1

A:H131-B100f:id:kujiwarain:20180117190129p:plainにやつあたりが132~156(100.7%~119.0%)

B:端数

H-D:C195f:id:kujiwarain:20180117190029p:plainムーンフォースが152~182(80.4%~96.2%)

       C147f:id:kujiwarain:20180117190323p:plainの10まんボルトZが157~186(83.0%~98.4%)

       C232f:id:kujiwarain:20180120190413p:plainのめざめるパワー(氷)156~184(82.5%~97.3%)

S:準速f:id:kujiwarain:20180117190129p:plain抜き

 

高い数値とサイクル性能を持つ構築の軸。

最初はしんちょうでじしんの枠がからげんきだったが、f:id:kujiwarain:20180117184643p:plainをこいつで見る立ち回りが多いこと、f:id:kujiwarain:20180117190129p:plainを絡めた対面チックな選出で単体性能が低いことで個体の変更を求められた。そこで火力の高いいじっぱりで採用することにしたがDに厚めに振ることでサイクル性能を保った。

からげんきの変更は比較的重めなf:id:kujiwarain:20160221224103p:plainに刺さることと、耐久が落ちた分状態異常を受ける前提の立ち回りがしにくくなったことが理由。

高い数値を持つので急所や追加効果をくらっても立ち回りに影響がしにくい点は非常に使いやすかった。

主にf:id:kujiwarain:20160221224107p:plain絡みのサイクルにはいかくを残すと楽に立ち回れることがあるのでメガシンカをするタイミングは気を付けた。

ギルガルド

f:id:kujiwarain:20180117180118p:plain

持ち物:たべのこしf:id:kujiwarain:20180117183207p:plain

特性:バトルスイッチ

性格:れいせい

数値:f:id:kujiwarain:20180117185302p:plain:161(204)-75(36)-171(4)-112(252+)-172(12)-72(-)

  →f:id:kujiwarain:20180120190125p:plain:161-175-71-222.-72-72

技:シャドーボール かげうち どくどく キングシールド

 

配分意図

H:16n+1

A-C:H145-B105-D95f:id:kujiwarain:20180117190323p:plain(H145)をシャドーボール+かげうちで確定

  シャドーボール106~126(73.1%~86.8%)

       かげうち39~46(26.8%~31.7%)

B<D

 

 

ボーマンダが止まる相手の数値受けを崩しに行く枠。f:id:kujiwarain:20180117190905p:plainなどの相手に複数回受け出しするために持ち物はゴーストZよりもたべのこし。ミラーが多発するというわけではなかったので最も単体性能の高いれいせいで採用した。

シャドーボールや毒による削りとかげうちによる締めの両方が出来るのがこのポケモンの魅力。

 立ち回り上みがわりよりもかげうちのダメージで削りや詰めを行うことが多かったのでこの技構成。

 最終日付近にはf:id:kujiwarain:20180123061710p:plainが多かったことや、めんえきf:id:kujiwarain:20180123061736p:plainによって思うような活躍ができなかった。

 

カバルドン

f:id:kujiwarain:20180117180502p:plain

持ち物:ゴツゴツメットf:id:kujiwarain:20151206185632p:plain

特性:すなおこし

性格:わんぱく

数値:215(252)-132-187(252+)-*-92-68(4)

技:じしん こおりのキバ あくび なまける

 配分意図

H-B:A233f:id:kujiwarain:20160221224105p:plainとびひざげりが93~109(43.2%~50.6%)

S:端数

物理受け兼電気の一貫を切る枠。最初はじしん/ステルスロック/なまける/ふきとばしで採用していたが相手のf:id:kujiwarain:20160221224050p:plain入りのサイクルが厳しいことが多かったので今の技構成に落ち着いた。メインウェポンのじしん、氷4倍のポケモンを削れるこおりのキバ、物理受けとしての性能を高めるあくび、複数回の受け出しを可能にするなまける。

持ち物が流行りの半分実ではなくゴツゴツメットなのは回復ソースを持たず、そぎ取れるf:id:kujiwarain:20180117185315p:plainf:id:kujiwarain:20180117184655p:plainf:id:kujiwarain:20160221224054p:plainなどの物理ポケモンが多いと感じたため。ただ、終盤にはのろいいたみわけf:id:kujiwarain:20180117190129p:plainを多く見かけ困らされたので素直に半分実でもよかったのかもしれない。

 ちなみに端数はあくび持っているのでミラーを考えてS。

リザードン

f:id:kujiwarain:20180117180646p:plain

持ち物:リザードナイトYf:id:kujiwarain:20180117183230p:plain
特性:もうか→ひでり
性格:ひかえめ
数値:f:id:kujiwarain:20180120190413p:plain:173(156)-93(-)-112(108)-156(100+)-106(4)-138(140)
  →f:id:kujiwarain:20180117185232p:plain:173-111-112-211-136-138
技:オーバーヒート ソーラービーム めざめるパワー(氷) じしん

配分意図

H-B:A182f:id:kujiwarain:20160221224056p:plainのがんせきふうじが148~176(85.5%~101.7%)

  A197f:id:kujiwarain:20160221224050p:plainすてみタックルが144~169(83.2%~97.6%)

C:H183-D105f:id:kujiwarain:20160221224056p:plainにめざめるパワーが184~220(100.5%~120.2%)

S:準速85族(f:id:kujiwarain:20160221224052p:plainf:id:kujiwarain:20180117190417p:plain等)抜き

相手のf:id:kujiwarain:20180117190813p:plainf:id:kujiwarain:20160221224107p:plain等の入ったサイクルを崩しに行く駒。

撃ち逃げが多いので相性のいいオーバーヒート、水への打点になるソーラービームf:id:kujiwarain:20160221224050p:plainの起点になることを避けられるめざめるパワー(氷)まで確定。残りの1枠はボーマンダを選出しない時に重いf:id:kujiwarain:20160221224103p:plainf:id:kujiwarain:20180117190740p:plain入りのサイクルにも出せるようにじしんを採用した。

じしんが刺さる場面が多く、5つめの技候補であるニトロチャージが欲しい場面はなかった。

 

 

ポリゴン2

f:id:kujiwarain:20180117180752p:plain

持ち物:しんかのきせきf:id:kujiwarain:20180117183250p:plain
特性:アナライズ
性格:なまいき
数値:191(244)-100-113(20)-125-160(244+)-71
技:れいとうビーム イカサマ やつあたり じこさいせい

配分意図

H-B:A200f:id:kujiwarain:20160221224056p:plainげきりんが81~96(42.4%~50.2%)

H-D:C211f:id:kujiwarain:20180117185232p:plainだいもんじが 84~99(43.9%~51.8%)

 

対処の難しいf:id:kujiwarain:20180117184950p:plainf:id:kujiwarain:20180117190029p:plainf:id:kujiwarain:20180117185232p:plain等を受けつつ、相手の初手に出てくる可能性の高いf:id:kujiwarain:20180117184950p:plainf:id:kujiwarain:20180117184643p:plainf:id:kujiwarain:20180117190323p:plainf:id:kujiwarain:20180117190152p:plainf:id:kujiwarain:20180117190207p:plain等の特殊ポケモンに負担を掛ける枠。

ドラゴンやf:id:kujiwarain:20180117184643p:plainへの打点になるれいとうビームf:id:kujiwarain:20180117185302p:plainf:id:kujiwarain:20180117190129p:plainf:id:kujiwarain:20180117185315p:plain等への打点になりある程度の起点を回避できるイカサマ、f:id:kujiwarain:20180117184950p:plainf:id:kujiwarain:20180117190323p:plainf:id:kujiwarain:20180117190417p:plainf:id:kujiwarain:20180117190029p:plainf:id:kujiwarain:20180117190601p:plain等ヘの遂行速度を上げられるやつあたり、数値受けとしての役割遂行のためのじこさいせい

構築上f:id:kujiwarain:20180117190601p:plainがかなり重いのでほのおのからだに強めなからげんき採用も考えたが個体数の問題とやつあたりの絶妙な火力(B4f:id:kujiwarain:20180117184950p:plainにやつあたりが57.8%〜69.3%)を取ることにした。

ミミッキュ

f:id:kujiwarain:20180117180836g:plain

持ち物:ミミッキュZf:id:kujiwarain:20180117183751p:plain

特性:ばけのかわ

性格:いじっぱり

数値:155(196)-143(156+)-119(148)-*-126(4)-117(4)

技:じゃれつく かげうち つるぎのまい のろい

配分意図

A:11n

H-B:A233f:id:kujiwarain:20160221224105p:plainフレアドライブが113~157(85.8%~101.2%)

D:C222f:id:kujiwarain:20160221224051p:plainの素たたりめが132~156(85.1%~100.6%)

S:無振りf:id:kujiwarain:20180117190129p:plain抜き

サイクルベースの構築が苦手とする積み展開に対するストッパーやf:id:kujiwarain:20160221224111p:plain等のギミック系統に対抗するための駒。環境に多いf:id:kujiwarain:20180117184643p:plainf:id:kujiwarain:20180117184655p:plainf:id:kujiwarain:20180117184430p:plain等の並びにかなり強く出ることができる。呪い痛み分けの型にすればf:id:kujiwarain:20180117190004p:plainがらみのサイクルに強く出られるようになるが立ち回りでカバーできると感じたので流行りの構築に対する性能を求めた。

全体のSが遅めなので切り返しでも使えるトリックルームの採用も考えたが周りのポケモンが上から殴る恩恵を感じられないと思った(f:id:kujiwarain:20180120190634p:plainのアナライズが発動しない、f:id:kujiwarain:20180117185302p:plainは下を取りたい場面も多いなど)ので不採用とした。

技構成は普通のもの。

 

3.総括

全体的に採用されているポケモン種族値が高めなので安定したゲームメイクがしやすかった反面、命中90技を打つ頻度が多かったことが安定感に繋がらなかった。

また、トップメタのポケモンを相手にする時より中堅程度のポケモンの対処に悩まされることが多かったり、一発芸的な型に強くないところがレートを伸ばしきれない要因だったように思える。

シーズン中盤と終盤で多く見かける並びが変わったことに対応できなかったことが今期の反省点。メタに回ったつもりがいつの間にか関係が逆転していた。

4.戦績

最高レート2009

最終レート18xx

f:id:kujiwarain:20180123065224j:plain

 

 

 

 

長い文章でしたがここまで読んでくださりありがとうございました。

質問等ありましたらコメントかTwitter(@kujiwarakun)まで

 

 

 

 

 

 

 

すぺしゃるさんくす

色めざ氷ヒトカゲつもってくれたあまきつね